マイノート

いろいろ勉強したことをまとめていきます

MENU

大脳皮質についてのメモ

大脳の外側2〜4ミリメートルの層があり、「大脳皮質」と呼ばれている。 この大脳皮質は約140億個のニューロンから構成されている。

f:id:ttt242242:20170408160120j:plain

参考: 無料イラスト 脳(png・CSeps)

各部位についてのまとめ

頭頂葉

  • 感覚情報の統合を行っている
  • 一部は視覚の処理に関わっている
  • 物体の位置や方向などを捉えるために重要な部位

前頭葉

  • 体の動きを司る「運動野」が存在し、歩行などの運動をコントロールしている
  • 理性的思考や感情のコントロールも行っている

側頭葉

  • 主に聴覚の処理に関わる
  • 音声や文字の意味を理解する働きを持つ

後頭葉

  • 目からの情報を制御する「視覚野」の大部分が位置している

大脳皮質ではないが重要な部位のメモ

海馬

イラストにはないが重要な部位なのでメモ。 - 記憶に重要な役割を果たす

嗅内皮質

イラストにはないが、嗅内皮質は海馬の前方に位置する - 互換から入力される信号のほとんどは、嗅内皮質を通して伝わる

参考文献

Newton(ニュートン) 2017年 03 月号 [雑誌]

Newton(ニュートン) 2017年 03 月号 [雑誌]