機械学習、強化学習の調査録

機械学習関連のことをまとめていきます。強化学習関連が多いかもしれません

python

numpyのmeshgridの基本的な使い方

numpy methgridの基本的に使い方と解説 numpy のmethgridの基本的な使い方を解説します。 methgrid を用いることで、1次元配列から格子状の座標を簡単に作成することができます。 まぁ例を見たほうが理解しやすいと思うのでサンプルコードをお見せします。 …

【numpy】numpyのaxisについて

今回はnumpyのaxisについて解説します。 axis axis=0 の時 axis=1 の時 axis まず、axisは「軸」という意味です。 axisによってnp.arrayのどの軸を対象としているかを決定します。 行列でいえば、ある処理を列に対してか、行に対して行うかを決定する時に用…

【python, numpy】numpyで等間隔の数列(等差数列)を作る(arange, linspace)

等間隔の数列(等差数列)を作れるnumpyのメソッドarangeとlinspaceを紹介します。 arangeでも、linespaceでも同じarrayを作成できます。 以下のような等差数列を作成してみます。 [1., 3., 5., 7., 9.] arange linespace 参考文献 arange arangeの場合、初…

【matplotlib】 折れ線グラフの線の種類について

matplotlibでは様々な線を描画できます。 以下の画像のように matplotlibでは linestyleという引数を設定することによってラインの種類を変更できます。 上記の画像を出力するコードは以下のようになります。 import numpy as np import matplotlib.pyplot a…

pythonの基本的な構文など

配列の抽出(array[:]について) lambda式

【matplotlib】matplotlibでエラーバー付きの折れ線グラフ

前回は単純な折れ線グラフを作成するコードをあげました。 今回はエラーバー付き折れ線グラフの作成方法を紹介します。 エラーバーをつけるときにはplot関数ではなくerrorbarメソッドを用います。 単純なエラーバー付きの折れ線グラフ pyplot(plt) object-or…

【python】numpyで乱数を生成する1(rand, randn, choice等)

numpyで乱数を生成する時はnumpy.randomを用います。 今回は一様乱数、正規乱数、指定した確率分布に従った乱数を生成する方法を紹介します。 一様乱数を生成 numpy.random.rand 正規分布に従う乱数 numpy.random.randn 整数の乱数を生成 numpy.random.randi…

【python】lambda式、無名関数

Lambda式は無名関数を作るのに用います。 例を見たほうがすぐ理解できると思うので、例を示します。 a = lambda x: x*2 # 引数がx、帰り値がx*2の無名関数 print(x(10)) # => 20 上記のコードでわかる通り、(lambda 引数:処理)といった形で 関数を作成する…

Python、機械学習ライブラリの調査録

pythonの基本構文など keras調査録 keras-rl調査録 tensorforce調査録 データセット調査録 Numpy調査録 matplotlib調査録 Open AI Gym調査録 scikit-learn調査録 pandas調査録

【Python】配列の抽出(array[:]について)

pythonの配列の抽出について調べたことをお話しようと思います。 pythonのコードでよく見る[:]ですね。 基本 array[x:y] array[x:] array[:x] 応用 array[::z] array[::-1](反転 reverse) 参考文献 基本 array[x:y] まず、基本的なarray[x:y]の意味ですが…

【ゲーム理論, python】ナッシュ均衡を簡単に計算できるライブラリ(2人ゲーム用)

今回は、ナッシュ(Nash)均衡を簡単にもとめてくれるpythonのライブラリNashpyを見つけたの紹介します。 Nashpyとは インストール 使ってみる コード 参考文献 Nashpyとは Nashpyとは、二人ゲームにおける混合戦略のナッシュ均衡解を計算してくれるライブラリ…