【oandapy,fx】oandapyで為替データを取得する方法

OANDAのAPIがV20となりました!
V20用の記事は以下になります。

OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得する

oanda apiをpythonから利用できるようにしたライブラリoandapyを 用いて為替データを取得します。

OANDAとは

OANDAはアメリカのfx会社です。
OANDA Japan

pythonから使えるapiを提供しているので、
pythonでfx関連のことをしようとする人はよく使うと思います。
今回はoandaからデータを取得して、ローソク足チャートをプロットするので
oandaの口座を持っている人前提の記事になります。

apiを使うためにはoandaで口座を作る必要があります。
口座を作るだけなら無料できます。以下のリンクからoandaのページにいき口座を作成してから以下をお読みください。


oandapyとは

oandapyはOANDA APIをpythonから簡単に利用できるようにしたライブラリです。

oanda/oandapy
Python wrapper for the OANDA REST API. Contribute to oanda/oandapy development by creating an account on GitHub.

本記事ではoandapyを使って実装していきます。

インストール方法はシンプルで

とりあえずデータを取得してみる

日足のドル円のデータを取得してみます。

以下のコードでドル円の日足の情報を1つ取得できます。

dataの中身を見てみます。
dict形式で結果が返ってきて、基本的にはcandlesの中身が日足データになります。

candlesの中に、為替データの基本的な値が入っています。
各要素は単語を見ればわかると思うので省略します。
終値とか保存してあります。

get_historyメソッドの主な引数についての補足説明

先程為替データを取得するときに用いたget_historyメソッドについて補足の説明をします。

instrument

instrumentでみたいレートの種類を選択できます。
米ドルならUSD_JPY、
ユーロドルならEUR_USDのように記述します。

以下のサイトから、レートの種類を確認できます。

ライブマーケット レート | リアルタイムで取引可能なスプレッド | OANDA | OANDA
ライブフィードを利用して最新の市場レートをタブに表示します。OANDAのトレーディングプラットフォームで現在トレーダーがアクセスしているビッドやアスクのレートをリアルタイムでご覧いただけます。

granularity

分足、日足などの設定ができます。

1分足ならM1、日足ならDのように設定できます。

Rates

count

取得するデータの個数を設定できます

endtime

endtimeで設定した時刻からさかのぼって、データを取得できます。

ちょっと試してみます。
米ドルの分足で2019-05-09T21:00:00から2個のデータを取得します。

candlesに2019-05-09T21:00:00から2分間分遡ったデータが取得できていることがわかります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました