【keras-rl,colab】keras-rlをcolabのgpuを用いて実行する

keras-rlをcolab上で動かせるようにしたのでメモしておきます。

Colaboratory(colab)

Colaboratory(colab)はgoogleが提供してくれるJupyterノートブック環境です。
無料でGPUが使えるので、非常にありがたいサービスです。
最近ではvimでも操作ができるようになったので本当に感謝です。

Google Colaboratory

keras-rlとは

Keras-rlとは
深層学習用ライブラリであるkerasを用いて、深層強化学習アルゴリズムを実装したライブラリです。

github.com

容易に深層強化学習を試すことができます。

とりあえずローカルでkeras-rlを試したい場合は以下の記事を参照していただければと思います。

www.tcom242242.net

colabのgpuを用いてkeras-rlを動かしてみる(atariのブロック崩し)

以下のatariブロック崩しをkeras-rlのdqnで解いてみました。

f:id:ttt242242:20190824131849j:plain

出典:
https://gym.openai.com/envs/Breakout-v0/

dqnに関しては以下の記事を参照してください。

www.tcom242242.net

GPUの有効化

実行する前にcolabでGPUを使えるようにcolabの設定を変更する必要があります。
手順は以下のようになります。

  1. 「ランタイム」
  2. 「ランタイムのタイプの変更」
  3. ハードウェアアクセラレータでGPUに変更

ソースコード

以下にソースコードを示します。

参考文献

つくりながら学ぶ! 深層強化学習 ~PyTorchによる実践プログラミング~

つくりながら学ぶ! 深層強化学習 ~PyTorchによる実践プログラミング~

コメント

タイトルとURLをコピーしました