【FX】ローソク足チャートを表示する

OANDAのAPIがV20となりました!
V20用の記事は以下になります。

【FX,V20】Pythonでローソク足チャートを表示する

前回はoanda api を使って為替のデータを取得しました。

【oandapy,fx】oandapyで為替データを取得する方法
OANDAのAPIがV20となりました!V20用の記事は以下になります。OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得するoanda apiをpythonから利用できるようにしたライブラリoandapyを 用い...

今回は、oanda apiで取得したデータを使ってローソク足のチャート
をmatplotlibでプロットしました。

OANDAとは

OANDAはアメリカのfx会社です。
OANDA Japan

pythonから使えるapiを提供しているので、
pythonでfx関連のことをしようとする人はよく使うと思います。
今回はoandaからデータを取得して、ローソク足チャートをプロットするので
oandaの口座を持っている人前提の記事になります。

apiを使うためにはoandaで口座を作る必要があります。
口座を作るだけなら無料できます。以下のリンクからoandaのページにいき口座を作成してから以下をお読みください。


oandapyとは

oandapyはOANDA APIをpythonから簡単に利用できるようにしたライブラリです。

oanda/oandapy
Python wrapper for the OANDA REST API. Contribute to oanda/oandapy development by creating an account on GitHub.

本記事ではoandapyを使って実装していきます。

インストール方法はシンプルで

実装(ソースコード)

準備

まず必要なライブラリをインストールします。

以下からはpythonになります。
必要なライブラリをimportします。

Oanda Apiを使ってデータの取得

Oanda Apiを使ってデータを取得し、DataFrameに変換します。
access_tokenは自分のものに変更してください。

データの時刻の情報(time)を変換します。

ローソク足チャートのプロット

では、ローソク足チャートをプロットします。

ソースコードの全体像

参考文献

How to plot simple and Candlestick chart using Python - pandas matplotlib - Technology Trekking
Pandas and Matplotlib can be used to plot various types of graphs. Simple timeseries plot and candlestick are basic graphs used by technical analyst for identif...
タイトルとURLをコピーしました