【FX, python】oandapyで5000件以上のデータを取得する

前回の記事でoandapyで為替データを紹介する方法を紹介しました。

【oandapy,fx】oandapyで為替データを取得する方法
OANDAのAPIがV20となりました!V20用の記事は以下になります。OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得するoanda apiをpythonから利用できるようにしたライブラリoandapyを 用いて為...

しかし前回の方法では5000件のデータを取得することが限界でした。

今回は5000個以上のデータを取得する方法を紹介します。


実装(ソースコード)

では、さっそくソースコードを示します。

your_access_tokenは自分のアクセストークンに変更してください。
5000件以上取得するためには、
get_historyのend引数を使って実現します。
get_historyではend(時間)からcount分のデータを取得できます。
ソースコードにあるように、endをずらしていくことによってデータを取得していきます。

得られたデータの一部とデータ数を見てみます。

データが15000件あることがわかります。

参考文献

oanda/oandapy
Python wrapper for the OANDA REST API. Contribute to oanda/oandapy development by creating an account on GitHub.


タイトルとURLをコピーしました