OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得する

Python からOANDA V20 APIを使って為替データを取得します。

OANDA V20とは

V20はOANDA の新しい取引エンジンです。

今まではv1エンジンでしたが、2018年以降、OANDAはv1のAPIをサポートしていないようです。

なので、基本的はV20を使うほうが無難です。

V1とV20の違いについては以下の公式サイトを参照してください。

Help and Support

PythonからOANDA API V20を使えるライブラリ(oandapyV20)

OANDA V20をPythonから使えるライブラリとして、oandapyv20を今回は用います。

hootnot/oanda-api-v20
OANDA REST-V20 API wrapper. Easy access to OANDA's REST v20 API with oandapyV20 package. Checkout the Jupyter notebooks! - hootnot/oanda-api-v20

公式のライブラリより使いやすく、よく用いられています。

インストール方法

では、さっそくインストールしてみます。
PyPIでインストールできます。

oandapyV20を使って為替データを取得する

注意

これ以降はOANDA APIのアクセストークンを持っていることを前提としています。アクセストークンを得るにはデモ口座に登録する必要があります。
この記事を参照してください。

では、実際にデータを取得していきます。

上記のコードでデータを取得できました。
paramsで取得するデータの設定を行っています。
instrumentで取得したい通貨ペアの設定をしています。

では、取得したデータ(response)の中身を見てみます。

instruments, granularity, candlesといったデータがあります。。
instrument, granularityは自分で設定した値ですので、
candlesが目的として足データになります。

では、データを見てみます。
今回はpandasのDataFrame型にして見てみます。

足データが取得できていることがわかります。
bidの中にはo(open), h(high), l(low), c(close(見切れていますが))が格納されています。

タイトルとURLをコピーしました