【FX,V20】Pythonでローソク足チャートを表示する

前回はOANDA API V20 を使って為替のデータを取得しました。

OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得する
Python からOANDA V20 APIを使って為替データを取得します。OANDA V20とはV20はOANDA の新しい取引エンジンです。今まではv1エンジンでしたが、2018年以降、OANDAはv1のAPIをサポートしていない...

今回は、OANDA APIで取得したデータを使ってローソク足のチャート
をmatplotlibでプロットしました。

OANDAとは

まずOANDAですが、OANDAはアメリカのFX会社です。
OANDA Japan

Pythonから使えるAPIを提供しているので、
PythonでFX関連のことをしようとする人はよく使うと思います。
今回はOANDAからデータを取得して、ローソク足チャートをプロットするので
oandaの口座を持っている人前提の記事になります。

APIを使うためにはOANDAでデモ口座を作る必要があります。
デモ口座を作るだけなら無料できます。


以下の記事にデモ口座の作り方をまとめました。

OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得する
Python からOANDA V20 APIを使って為替データを取得します。OANDA V20とはV20はOANDA の新しい取引エンジンです。今まではv1エンジンでしたが、2018年以降、OANDAはv1のAPIをサポートしていない...

PythonからOANDA API V20を使えるライブラリ(oandapyV20)

OANDA API V20をPythonから使えるライブラリとして、oandapyv20を今回は用います。

hootnot/oanda-api-v20
OANDA REST-V20 API wrapper. Easy access to OANDA's REST v20 API with oandapyV20 package. Checkout the Jupyter notebooks! - hootnot/oanda-api-v20

公式のライブラリより使いやすく、よく用いられています。

インストール方法

では、さっそくインストールしてみます。
PyPIでインストールできます。

OANDA APIを使うためにアクセストークンが必要になります!
アクセストークンの取得については以下の記事で紹介していますので、先に取得してください。

アクセストークンの取得の仕方

実装(ソースコード)

準備

まずmpl_financeという足をプロットするためのライブラリをインストールします。

以下からはPythonになります。
必要なライブラリをimportします。

OANDA APIを使ってデータの取得

Oanda Apiを使ってデータを取得し、DataFrameに変換します。
access_tokenは自分のものに変更してください。

上述したデータの取得部分に関しては以下の記事を参照してください。

OANDA API V20とPythonを使って為替データを取得する
Python からOANDA V20 APIを使って為替データを取得します。OANDA V20とはV20はOANDA の新しい取引エンジンです。今まではv1エンジンでしたが、2018年以降、OANDAはv1のAPIをサポートしていない...

次にデータの時刻の情報(time)を変換します。
データの形式を合わせるために少し手間を加えています。

ローソク足チャートのプロット

では、ローソク足チャートをプロットします。
candlestick_ohlcメソッドを使うことでチャートを表示することができます。

ソースコードの全体像

参考文献

How to plot simple and Candlestick chart using Python - pandas matplotlib - Technology Trekking
Pandas and Matplotlib can be used to plot various types of graphs. Simple timeseries plot and candlestick are basic graphs used by technical analyst for identif...
タイトルとURLをコピーしました