OpenCVでWebカメラを使う(メモ)

この記事ではOpenCVを使ってWebカメラを操作してみます。
私も初心者なので、とりあえず使えるようにした程度です。

前提

バージョン

  • Python 3.6.0

OpenCVのインストール

OpenCVはPython3系の場合以下のコマンドでインストールできます。

とりあえずwebカメラにアクセス

とりあえずカメラにアクセスして表示するだけのプログラムを実装してみます。

まず最初のcv2.VideoCature(0)でWebカメラにアクセスします。
cap.read()で現時点の画像を読み込みます。
cv2.imshow()で読みこんだ画像を表示します。

かなり簡単ですね。OpenCVさまさまです。

画像を保存する

読み込んだ画像を保存します。
画像の保存にはcv2.imwrite()を用います。
先程のコードに

見てわかると思いますが、cv2.imwrite()の第一引数がファイル名、第二引数が画像データになります。

参考文献

動画を扱う — OpenCV-Python Tutorials 1 documentation
タイトルとURLをコピーしました