【Python, OANDAPYV20】Oanda API を使って成り行き注文をして決済してみる

OANDAPYV20を使って成り行き注文をして決済をしてみます。

環境や前提

バージョン等

  • Python 3.6.0
  • oandapyV20 0.6.3

前提条件

OANDA APIのアクセストークンの取得

OANDA APIを使うためOANDA APIのアクセストークンを取得する必要があります。

アクセストークンを取得するためにデモ口座か本番口座を作る必要があります。 OANDA Japanからデモ口座か本番口座を作ってから読んでください。

アクセストークンについては前の記事を参考にしてもらえればと思います。

PythonからOANDA APIを使いやすくするライブラリのインストール

pipで簡単にインストールできます。

実装

成り行き注文

単にUSD/JPYを成り行き注文を行うコードを書いていきます。

まずモジュールをimportしてAPIに接続します。

APIへのリクエストのパラメータを作成します。

instrumentが通貨ペア、unitsで発注量を決めます。10000で1万通貨になります。+で買い、-で売りになります

次に以下のコードでオーダーを作成し、リクエストを送ります。

これで、成り行き注文を行うことができます。

決済

次に今あるポジションを決済するコードを書いていきます。

まずは決済に必要なモジュールをimportします。

次にリクエストを作成します。

shortUnitsで売りポジションの決済できます。逆にlongUnitsで買いポジションの決済ができます。ALLは文字通りすべてのポジションを決済します。

あとは、以下のコードでAPIにリクエストを行います。

終わりに

今回はとりあえず売り注文を入れて、ポジションを決済する方法を紹介しました。

まだまだわからないことだらけなので調べて紹介していきます。

参考文献

https://oanda-api-v20.readthedocs.io/en/latest/endpoints/positions/positionclose.html
タイトルとURLをコピーしました