ゼロから AI エンジニアになるには?元AIエンジニアが紹介します

元機械学習エンジニアの私が思う未経験から AI エンジニアになる方法を紹介しようと思います。

私自身は機械学習系の修士卒でそのまま大手企業の機械学習(AI)エンジニアとして就職しました。

だけど、会社の中には機械学習の知識なしから AI エンジニアになった方もいたので、今回はAIエンジニアに

どうやったらなれるかを紹介しようと思います。

※これは完全に私の主観的な意見ですので正しいとは限りませんので注意してください

独学

まずは独学で機械学習エンジニアになる方法についてお話します。

基礎事項の学習方法

AIの基礎の基礎を身につけるなら下記のようなAIの基礎を学べる書籍を軽く一週することをオススメします。

ここで大事なのが、「すべてを完璧に理解しようとしないこと」です。

どうしても教科書の隅から隅まで理解しようとしてしまいがちですが、それにはかなりの時間がかかるので、

まずは大枠だけ理解できるようにしましょう。

そこからは必要に応じて学ぶようにしておけば良いです。

一番ダメなのが最初から数式をすべて理解しようとして挫折してしまうことです。

まずは軽く理解してそこから必要に応じて学ぶという順番が良いと思います。

資格や実力を証明するためにすること

もちろん単純に基礎を学んだだけでは、企業はなかなか採用してくれません。

そこで、何かしらで自分の力を証明する必要が出てきます。

今回は以下の2つの方法を紹介します。

1. Kaggle 等のデータサイエンスのコンペ で活躍する

独学で自分の力を証明するとしたら Kaggle 等のデータサイエンスのコンペを利用することが最もシンプルな方法です。

特に Kaggle は Wikipedia から引用すると、

Kaggle は企業や研究者がデータを投稿し、世界中の統計家やデータ分析家がその最適モデルを競い合う、予測モデリング及び分析手法関連プラットフォーム及びその運営会社である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/Kaggle

説明に書いてある通り、データサイエンティストのため、コンペサイトです。
さまざまなデータセットが公開されていて、そのデータセットから適切なモデルを学習させ競いあいます。

そこで上位に入賞したり、Kaggle マスター等の称号を得ることができれば、企業にかなりアピールできます。

ただ、猛者ばかりなので中々入賞するのは難しいです。

2. 人工知能系の教科書を見ながら学んでディープラーニング協会の資格をとる

その他で実力を証明する方法としては、ディープラーニング協会の資格 G 検定や統計検定等を受けるという方法もあります。

G 検定は前にも紹介しましたが、機械学習やディープラーニングに関する検定です。

【AIの資格、検定】ディープラーニングの検定?
ディープラーニングの勉強をしようとする時の学習のモチベーションとして、「資格試験」ないかなーと思って、探してみたら発見...

とりあえずは機械学習の知識があることの証明にはなるでしょう。

また、統計検定というものもあります。
これは機械学習というよりは完全に統計なのですが、機械学習では頻繁に統計の知識を用いるのでこの検定を保持していると有利に働くと思われます。

スクールや大学院で学ぶ

独学以外の方法となるとプログラミングスクールや大学や大学院に入るなどの方法があります。

プログラミングスクールで学ぶ

最近では AI 系のプログラミングスクールもたくさんでてきています。

例えば、
Aidemy
といった人工知能専門のスクールで学ぶのも1つの手です。
様々なコースがありますが「AIアプリ開発コース」なのでWebアプリの基礎を学びAIについても学べるので実践的でとても良いと思います。

もしくは、
.pro

の機械学習・Djangoコースなどで学ぶのも1つの方法です。
このコースではPythonでWebアプリの基礎を学び、さらに機械学習についても学習でき、最終的には機械学習を用いたWebアプリを制作することができます。

このようなスクールは多くがオンラインで行われるので、自宅で講義を受けることができます。サラリーマンなどにはオススメです。

ここで学んだことを活かして資格を取ったり Kaggle 等で実力を証明するのも良いと思います。

AI 系の大学・大学院に進学して学ぶ

また、大学や大学院等で学ぶという方法もあります。

ただ、大学だと四年も必要なので、大学院から入るなどオススメします。

さらに大学院の中でも大学院大学など学部を持たない大学院がオススメです。

大学院大学だと入学者の多くが0からスタートだからです。

知識不足によって追いつけないなどと言った問題を回避できます。

その他

AI 系を扱っているスタートアップ起業に入って AI エンジニアになる

最後の方法が AI 系のスタートアップの企業に普通のエンジニアなどでとりあえず入ることです。

とりあえず入ってそこからエンジニアとして活躍してそこから AI エンジニアになるというパターンです。

エンジニアとして力をつけて信頼されればうまくコンバート出来る可能性があります。

終わりに

完全に自分の主観的な意見を述べさせてもらいました。

AI エンジニアになる手段はいくつもあると思ったので書いてみました。

もちろん AI エンジニアといってもさまざまな会社や役割がありますので、
今回ご紹介した方法以外にも AI エンジニアになる方法はあると思います。

私の一意見として参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました